HOME > 今日の◯◯さん > 6ページ目

今日の◯◯さん 6ページ目

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫を鍼灸でなんとかならないかと
1年以上にわたり、月に1回くらいのペースで鍼灸治療を継続してくれていました。
最後に治療したのが、7月。3ヶ月ぶりの治療になりました。
7月の時点で嚢腫の大きさ3cm  引っ越しなどがあり山口を離れてしまったのもありますが、月に1回は山口に来られているようで、11月予定があったので鍼灸治療させていただきました。病院も変わりましたが、ほぼ完治されたようです。。
投薬治療中は、どんどん嚢腫が大きくなっていましたが、鍼灸治療を始めてから小さくなっていったので、鍼灸が効いたと私だけですが思っています笑
嬉しい報告でもありました。

マラソンランナー

先日のマラソンランナーのケアの紹介
足の裏、ももやふくらはぎの張り
これは、腸腰筋の筋力不足が影響します!!
後半足があがらなくて足の後面を酷使してしまう。
走り終わったあと張りが出るのは当然ですね。
ここの筋肉弱い方多いです!! 

酷めの足攣りに、○○のツボに鍼して事なきをえました!!  
知っててよかった!!  お腹つったり、ももの裏、ふくらはぎ酷くつったらストレッチも効果なくはないけど
上手にしないと逆効果!!  鍼ブースのお約束で10分以内のルールがありますが、こんな攣り方したら10分ではどうにもならないです。せめて20分は欲しいです。 時間守れなくてすいません。  重症の方ばかり診させて頂いた結果です笑


ストレートネック

ここの所、ストレートネックも増えています。
敢えて、問診のときには、聞かずに触診時にストレートネックというやつですね!!というと実は病院で検査受けたらストレートネック言われたんです!!  と、見たときからわかっていましたけどね!!  悪いやつです笑
首だけの問題と思いきや、背中、腰にも密接に関係しています。頭から腰まで脊髄で繋がっていますからね。
背中が伸びるような鍼を手の外側の後渓というツボにとりました。
色々な熱にも効くし、腰にも、肩にも効く万能で大好きなツボです!!

蓄膿症

ここの所続いている蓄膿症。
類は友を呼ぶのか!?
そこまで酷くはないが、調子よかったのがぶり返して頭が少しだけ痛いのと、においが出始めたというもの。
肩こりも顕著にでました。
この患者様の蓄膿が瘀血によるものでした。  なので、活血化瘀しました!!
簡単いうと、循環あげて瘀血流したら、症状も落ち着きますよというもの!!
帰りには、頭まわり、肩首まわりは楽になったと仰られていたので、あとは鼻の奥。
次回来院の際に聞いてみたいと思います。

解熱

定期的に、小児鍼をしている少年。
原因不明の熱が続き苦しそうでした。
ちょうど、前回鍼灸して2日後くらいから熱が出初めて高熱ではないけど
熱があるだけで身体って重だるいですよね?皆さん経験があると思います。
身体を診て、これはうんこが出れば解熱すると踏んで、腸の動きを活発にしてみました。
親御さんには、うんち出たら、解熱することを伝えて帰宅していただきました。
次の日に、帰った夜にうんち出てスッキリしたのと、本当に熱がさがったと朝1番で連絡を頂きました!!
ガッツポーズですね笑

外傷性角膜炎

角膜へ鍼は刺しませんが、いい結果が出てきています。
病院とも手が切れ、視力もすこしずつですが、回復してきています。
角膜も正常に戻ったということでした。目薬だけだと中々いい結果がでなかったみたいですが、鍼灸を初めてからなんですね。
早く治るお手伝いさせてもらいました。

断薬にむけて

20代前半女性
断薬にむけて、一歩前進しました。
安定剤を服用中ですが、1錠が半錠そして今回その半分の1/4錠になりました。
運動する余裕もでたりと、焦らずいきましょうね!!

パーキンソン病 経過

パーキンソン病に鍼灸で挑む!!   途中経過です。
肩こり、首のこり、腰の痛みは、相変わらずですが
行動、寝返りと早く動けるようになっています。
舌診に驚きの変化が!!  これは写真はありませんが、舌の色がよくなっているんです。
それだけ循環してきた証拠でもあります。だから動きが早くなっているんですね。
あとは、固まらないようにしないとな。

産後のケア

最近では、産前産後のケアをさせていただく患者様が増えております。
本日も、第一子出産後のケアに来院されました。
古い書物に産後の鍼の大事とあり、非常に大事な時期です。ここで無理をしてしまうと、これから先に色々な症状に悩まされる事が増えます。  更年期症状が出る頃に周りの方と比べて症状が酷かったり。ちゃんとケアしておくと100%出ないとは言いきれませんがケアを受けてみて頂ければ、納得していただけると思います。
次のお子さんを考えるときも、二人目不妊なんて事はよく聞かれると思います。こういう時に鍼灸によるケア大事なんです。

脊柱管狭窄症

同級生のお父様が脊柱管狭窄症になられて先日のNHKで放送された東洋医学特集をみて
鍼灸でなんとかならないものかと相談してこられて、鍼灸で脊柱管狭窄症にチャレンジすることになりました。
脊柱管狭窄症も、特定の症状が出ますが、時には坐骨神経痛のような症状もでたり、ヘルニア特有の足先のしびれなどもあります。
また途中経過掲載していきますね!!

<<前のページへ1234567891011