HOME > 今日の◯◯さん > 4ページ目

今日の◯◯さん 4ページ目

解熱

定期的に、小児鍼をしている少年。
原因不明の熱が続き苦しそうでした。
ちょうど、前回鍼灸して2日後くらいから熱が出初めて高熱ではないけど
熱があるだけで身体って重だるいですよね?皆さん経験があると思います。
身体を診て、これはうんこが出れば解熱すると踏んで、腸の動きを活発にしてみました。
親御さんには、うんち出たら、解熱することを伝えて帰宅していただきました。
次の日に、帰った夜にうんち出てスッキリしたのと、本当に熱がさがったと朝1番で連絡を頂きました!!
ガッツポーズですね笑

外傷性角膜炎

角膜へ鍼は刺しませんが、いい結果が出てきています。
病院とも手が切れ、視力もすこしずつですが、回復してきています。
角膜も正常に戻ったということでした。目薬だけだと中々いい結果がでなかったみたいですが、鍼灸を初めてからなんですね。
早く治るお手伝いさせてもらいました。

断薬にむけて

20代前半女性
断薬にむけて、一歩前進しました。
安定剤を服用中ですが、1錠が半錠そして今回その半分の1/4錠になりました。
運動する余裕もでたりと、焦らずいきましょうね!!

パーキンソン病 経過

パーキンソン病に鍼灸で挑む!!   途中経過です。
肩こり、首のこり、腰の痛みは、相変わらずですが
行動、寝返りと早く動けるようになっています。
舌診に驚きの変化が!!  これは写真はありませんが、舌の色がよくなっているんです。
それだけ循環してきた証拠でもあります。だから動きが早くなっているんですね。
あとは、固まらないようにしないとな。

産後のケア

最近では、産前産後のケアをさせていただく患者様が増えております。
本日も、第一子出産後のケアに来院されました。
古い書物に産後の鍼の大事とあり、非常に大事な時期です。ここで無理をしてしまうと、これから先に色々な症状に悩まされる事が増えます。  更年期症状が出る頃に周りの方と比べて症状が酷かったり。ちゃんとケアしておくと100%出ないとは言いきれませんがケアを受けてみて頂ければ、納得していただけると思います。
次のお子さんを考えるときも、二人目不妊なんて事はよく聞かれると思います。こういう時に鍼灸によるケア大事なんです。

脊柱管狭窄症

同級生のお父様が脊柱管狭窄症になられて先日のNHKで放送された東洋医学特集をみて
鍼灸でなんとかならないものかと相談してこられて、鍼灸で脊柱管狭窄症にチャレンジすることになりました。
脊柱管狭窄症も、特定の症状が出ますが、時には坐骨神経痛のような症状もでたり、ヘルニア特有の足先のしびれなどもあります。
また途中経過掲載していきますね!!

蓄膿症

20代後半男性
蓄膿症を軽減したいと鍼灸治療をはじめました。
調子がよかったものの、夏の疲れと忙しさで2ヶ月ぶりの治療になってしまいました。
蓄膿症が一年ぶりに再発。においがわからない、味もしない。
病院にいくも薬が効いてくれない。
まずは疲れを取りつつ、鼻周りの循環よくなるように持っていきます。
治療の合間に、鼻を出しましたが通りも良くなり、耳がすーっと開通した本人談
水っぽいのしか出なかったのが、黄色いのも出てくるようになりましたね。
治療の間隔空けないで・・・ 
疲れためないで・・・
続けて何回か鍼灸させて・・・

膝の靭帯

膝の靭帯と言っても、前、横、中に2本あります。
詳しくは掲載しませんが、後十字靭帯、外側側副靭帯を痛められた患者様
ラグビーで、良からぬ方向に膝が曲がりかけて痛めてしまった。
一緒にタグラグビーしております。プレーするときは、テーピングはしていますが如何せ自分で貼る。
思うようにテンションかけれなかったり、意味のないテープを貼ってしまっているケース多々あります。
大会があったので、巻かせてもらいましたがこれが中々いい感じに貼れて(自画自賛)治療効果もあるんです。
見違えるように良くなってきました。痛めたかなと思うプレーありましたが、全然平気だったりと。
実際にプレー見てみるものですね。またひとつ勉強になりました。

つわものさん

きょうの〇〇さん 
前回、筋肉が減っていると書きましたが、これを読んでくれて
しっかり、(リハビリ)トレーニングしてくれていました。
痛いから、動かし方わからなくなるんですよね。
重みではなく、軽い負荷をかけながら関節動かしもらう。
これが、ミソだったんです。
これが、わかったから(リハビリ)トレーニングできたんです。
すいません。私が勝手に思っています笑
あれだけ弱かった肩周りの筋力が、改善してくれました。
いっぱい悪い処あるので全部いきますか?笑

パーキンソン病

70代男性
コケて腎臓付近を強打して、7週間安静入院。(血尿がでていたそうです)
パーキンソン病60代中盤から発症されたそうですが、投薬治療のみ。
この入院で、一気にパーキンソン病の進行が進んだ気がするそうです。
手足の動きが悪くなったり、身体が硬直したりと。
反応のある経穴に鍼をしました。  手応えはすごくありました。
患者様が帰られてから、調べてみると使用した経穴正解でした。
やはり反応がでるものですね!!
帰りに、腰が伸びた気がすると仰られておりました。
定期的に、鍼灸治療に来院していただけることになりましたので、追って経過報告いたします。

<<前のページへ1234567891011